本文へスキップ

洪鋒雷研究室@横浜国立大学 理工学部・大学院工学研究院では、超精密分光・量子計測を専門とし、光コム、光周波数コム、光時計、原子・分子、量エレ、原子時計、量子標準の研究・教育を行う

〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5
English

光コムと光時計 レーザーが拓く超精密計測の新しい世界

横浜国立大学理工学部・大学院工学研究院洪研究室は、超精密分光・量子計測を専門とし、光コム、光周波数コム、原子・分子、量エレ、光通信、原子時計、量子標準の研究・教育を行う研究室です。

TOPICS


NEWS新着情報

2020年09月30日
【New!】和田雅人さんの博士号学位記授与式がありました。研究室の博士号第1号となります。和田さん、おめでとうございます!
2020年09月11日
【New!】M2の加藤英毅君、D3の久井裕介君が日本物理学会2020年秋季大会で発表しました。洪鋒雷教授が応用物理学会で量子エレクトロニクス業績賞(宅間宏賞)受賞記念講演を行いました。
2020年09月01日
光技術の情報誌「光アライアンス」の9月号に洪鋒雷教授の解説論文が掲載されました。
 
 
2020年08月04日
D3の和田雅人君の博士論文審査会(公聴会)が開かれます。
2020年06月11日
M2の加藤英毅君が修論の中間発表で極めて優秀な成績をおさめたということで、奨励賞を受賞しました。おめでとうございます!
2020年04月01日
4年生の杉山陽平君、田邊悠斗君、西原幹恭君、吉木万由子さんを、研究室の新しいメンバーとして迎えました。COVID-19の影響で春学期は大学への学生入構禁止から始まりました。
2020年03月24日
卒業・修了証書授与式が行なわれました。加藤令偉君、小嶋優輝君、郷治侑真君が理工学部の学業優秀者表彰を受けました。 また、池田孝介君と坂上春稀君が理工学府の学業優秀者表彰と論文顕彰を受けました。皆さん、おめでとうございます!
2020年03月12日
洪鋒雷教授が応用物理学会で「光・量子エレクトロニクス業績賞」を受賞しました。 光・量子エレクトロニクス業績賞(宅間宏賞) 受賞者のURL横浜国立大学HeadlineのURL
2020年03月11日
M2の坂上春稀君が筆頭著者の論文が、今日米国光学会専門誌(JOSAB誌)に掲載されました。この論文は、狭線幅半導体レーザーを用いたヨウ素分子分光に関するもので、ヨウ素分子の超微細構造について新しい知見を述べています。
2020年01月29日
M2の池田孝介君が筆頭著者の論文が、本日応用物理学会専門誌(JJAP誌)に掲載されました。低繰り返し周波数の光コムを用いたデュアルコム分光に関するもので、今まで最も低い周波数で実現しているので分光の分解能が向上します。
2020年01月16日
デュアルピッチPPLNを使った通信帯レーザーによる分光に関する、D2の池田幸平君筆頭の論文が掲載されました。Optics Expressだから無料でダウンロードできます。
2020年01月14日
研究室Web『学生のひろば』の第2弾は4年生郷治侑真君の米国コロラド大学研究訪問体験を掲載しました。
2019年12月27日
洪先生が「光技術コンタクト」誌12月号に寄稿しました。「秒の定義改定に向けて~光時計・光コム技術への期待~」と題して、原子分子物理と光科学の単位改定への応用について解説しました。
2019年12月14日
吉井先生筆頭著者の論文がOptics Lettersに出版されました。狭線幅半導体レーザーの周波数安定化が実現され、それが天体・宇宙観測に使われている天文コムに応用できるという話です。
2019年12月19日
下記のスケジュールで3年生の研究室見学を実施します。
2019年12月04日
日本光学会の講演会で4年生の郷治君、小嶋君、加藤令偉君と、M1の加藤英毅君が研究発表しました。。
2019年10月23日
4年生の郷治侑真君が学業成績優秀表彰されました。おめでとうございます!
2020年10月21日
研究室Web『学生のひろば』の第1弾は久井裕介君のシンガポール南洋理工大学の留学体験を掲載しました。
2019年07月23日
清華大学精儀系の学生12名と先生1名による研究室の訪問がありました。
2019年06月24日
産総研の保坂一元総括研究主幹が研究室の見学に来られました。
2019年05月30日
東大・理研の香取秀俊先生が研究室の見学に来られました。
2019年05月18日
関東光科学若手研究会の皆さんが実験室見学に来てくださいました。
2019年05月15日
【ニュース記事】横国大,光学結晶中の白色レーザー発生原理を解明(OPTRONICS ONLINE)
2019年05月14日
【プレスリリース】光学結晶中の白色レーザー光の発生原理を解明
~光学の基礎研究及び精密計測の産業応用に貢献~
 光学結晶を用いて白色レーザー光を発生させ、その発生原理を光の精密計測の手法を用いて解明することに成功しました。またこの白色レーザー光を用いて、レーザー振動数の精密計測を実証しました。今回の研究は、非線形光学の基礎的な研究及び長さなどの精密計測産業界への貢献も期待されます。
2019年04月30日
『パリティ』の編集委員としてページを新設しました。
2019年04月14日
4年生の小嶋優輝君が学業成績優秀表彰を受けました。おめでとうございます!
2019年04月30日
D1の池田幸平君が日本物理学会学生優秀発表賞を受賞。おめでとうございます!横浜国立大学HeadlineのURL
2019年01月09日
冷却原子が見えた!Yb 原子の磁気光学トラップに成功!
2018年11月15日
プレゼンテーション実習生と研究室の皆さんと一緒につくばの産総研を訪問し、光コムや光格子時計の研究室見学を行いました。
2018年11月12日
和田雅人君の論文が出版されました。研究発表のページを更新しました。
2018年11月02日
4年生の加藤君、M1のChenさん、M2の野邑君が日本光学会年次学術講演会(OPJ2018)にて研究発表を行いました。
2018年09月26日
工学研究院 洪鋒雷教授のグループと産業技術総合研究所との光格子時計に関する共同研究成果が学術論文誌に掲載されました。
2018年09月12日
同志社大学行われた日本物理学会秋季大会において、M1の池田孝介君と坂上春稀君、D1の池田幸平君が研究発表を行った。
2018年08月18日
池田幸平君と久井裕介君の 原著論文、そして洪先生の解説論文の発表がありました。研究発表のページを更新しました。
2018年05月10日
2018年度の研究室集合写真。8人の新しいメンバーが加わりました。(横浜国立大学総合研究棟前にて)
2018年05月08日
朝比奈優君が学業成績優秀の表彰を受けました。おめでとうございます!
(すべてのNEWS)

バナースペース


横浜国立大学

理工学部



物理工学EP