本文へスキップ

洪鋒雷研究室@横浜国立大学 理工学部・大学院工学研究院では、超精密分光・量子計測を専門とし、光コム、光周波数コム、光時計、原子・分子、量エレ、原子時計、量子標準の研究・教育を行う

〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5
English

光コムと光時計 レーザーが拓く超精密計測の新しい世界

横浜国立大学理工学部・大学院工学研究院洪・吉井研究室は、超精密分光・量子計測を専門とし、光コム、光周波数コム、原子・分子、量エレ、光通信、原子時計、量子標準の研究・教育を行う研究室です。

TOPICS


NEWS新着情報

2017年07月07日
【New!】[講演情報]
A)強光子場科学研究懇談会(2017年7月21日、横国中央図書館メディアホール)
1.洪 鋒雷
 光周波数コムおよび光時計を用いた超精密分光・量子計測
B)日本物理学会(2017年9月、盛岡)

1. 久井裕介, 赤松大輔, 小林拓実, 大久保章, 稲場肇, 保坂一元, 洪鋒雷, 安田正美
 周波数安定化のための8ブランチ光周波数コムの開発 (24aA10-9)
2. 山田優子, 朝比奈優, 池田孝介, 大久保章, 稲場肇, 大苗敦, 吉井一倫, 洪鋒雷
 低繰り返し周波数光コムの周波数安定化(24aA10-3)
3. 吉井一倫, 朝比奈優, 増田裕行, 中川賢一, 洪鋒雷
 無変調狭線幅アセチレン安定化レーザーの開発 (24aA10-4)
4. 赤松大輔, 小林拓実, 久井裕介, 田邊健彦, 保坂一元, 洪鋒雷, 安田正美
 Yb/Srデュアル光格子時計による時計遷移周波数比の測定II(24aA10-14)
5. 岩國加奈, 大久保章, 山田耕一, 稲場肇, 大苗敦, 洪鋒雷, 佐々田博之
 デュアルコム分光によるアセチレン分子の衝突広がりのオルト/パラ依存性の観測(23aA10-9)
C)応用物理学会(2017年9月、福岡)
1. 吉井一倫, 朝比奈 優, 増田裕行, 中川賢一, 洪 鋒雷
 狭線幅半導体レーザーを用いた無変調アセチレン安定化レーザー (6p-A414-8)
2. 和田 雅人,大久保 章,洪 鋒雷,稲場 肇
 環境安定化によるファイバーノイズの低減 (5a-A414-7)
3. 稲場 肇, 中村 圭佑, 大久保 章, シュラム マルテ, 山本 宏樹,石川 純, 洪 鋒雷, 美濃島 薫, 神戸 栄治, 筒井 寛典, 泉浦 秀行, 大苗 敦
 天体の視線速度観測用高分散分光器の波長校正用光周波数コムの開発Ⅲ
-岡山天体物理観測所への設置とテスト観測- (6p-A414-5)
2017年07月01日
2017年06月30日
【New!】夕涼み@YNU-いきなりBBQ大会。写真をアルバムページにアップした。
2017年05月28日
2017年04月12日
慶應義塾大学理工学部物理学科渡邉紳一研究室の皆さんが横国に来訪した。写真をアルバムページにアップした。
2017年04月07日
2017年03月24日
2017年03月24日
2017年03月17日
2017年03月07日
2017年02月22日
ドイツMenloSystems社副社長のRonald Holzwarth博士が横国に来訪した。写真をアルバムページにアップした。
2017年01月21日
[講演情報]
A)日本物理学会(2017年3月、大阪)
1. 朝比奈優, 山田優子, 吉井一倫, 洪鋒雷
 コンパクトな光学系を用いた周波数高速制御型Erファイバーコムの開発(17aH12-8)
2. 野邑寿仁亜, 久井裕介, 吉井一倫, 洪鋒雷
 399 nmフィルター型外部共振器半導体レーザーを用いたYb原子のドップラーフリー分光(17aH12-9)
3. 山本宏樹, 郡司太一, 野田拓実, 大久保章, 大苗敦, 稲場肇, 吉井一倫, 洪鋒雷
 狭線幅半導体レーザーを用いた周波数安定化と絶対周波数測定(17aH12-10)
4. 吉井一倫, 久井裕介, 野邑寿仁亜, 稲村拓也, 洪鋒雷
 小型半導体レーザーによるヨウ素分子の超精密分光(17aH12-11)
5. 久井裕介, 赤松大輔, 小林拓実, 洪鋒雷, 保坂一元
 Yb/Srデュアル光格子時計による時計遷移周波数比の測定(20pH31-3)
B)応用物理学会(2017年3月、横浜)
1. 吉井一倫, 稲村 拓也, 佐川 博之, 中川 賢一, 洪鋒雷
 1.5 μm帯狭線幅半導体レーザーの周波数安定化
2. 池田 幸平, 久井 裕介, 堀切 智之, 吉井 一倫, 小坂 英男, 洪 鋒雷
 長距離量子通信のための波長変換用周波数安定化レーザーの開発
3. 田邊健彦, 赤松大輔, 稲場肇, 大久保章, 小林拓実, 安田正美, 洪鋒雷, 保坂一元
 イッテルビウム原子に安定化した波長399 nmレーザー光源の絶対周波数測定と不確かさ評価
2016年12月16日
研究室OBによる講演会の後、研究室の忘年会が行われた。写真をアルバムページにアップした。
2016年12月15日
プレゼンテーション実習授業の一環で産総研(つくば)を訪ねた。写真をアルバムページにアップした。
2016年12月01日
2016年12月01日
2016年12月01日
物理工学学生向けの研究室見学会
場所:総合研究棟W301(洪・吉井研究室)
時間:12/6(火)15:00、12/21(水)13:00、1/10(火)15:00、他も対応可能
2016年11月23日
高尾山へハイキングに行ってきた。紅葉が綺麗で、空気も新鮮で、いいレフレッシュになった。飲み会も楽しかった!
2016年11月17日
大学案内2018(YNU Guide Book 2018)に掲載される写真の撮影会。物理工学を代表するイメージ写真である。
2016年11月10日
2016年11月02日
吉井先生、山本君、朝比奈君、野邑君がOPJ2016で研究発表を行った。
2016年11月01日
2016年10月16日
2016年10月07日
2016年09月30日
光・量子技術 横浜国立大学光・量子技術研究アライアンスがスタートした。横国大の光及び量子技術関連研究グループの横のつながりを作り、研究交流及び共通の成果発信を行う。
2016年09月30日
2016年09月29日
2016年09月01日
2016年08月25日
2016年08月20日
9月は物理工学EP各学年の学生を対象に研究室の一般公開を実施している。毎週木曜日と金曜日の午後、総合研究棟W棟301室及び305室にて、アポなしOK。研究室紹介はこちら
2016年08月05日
2016年07月30日
2016年07月25日
2016年05月25日
2016年05月16日
米国コロラド大学のThomas Schibli博士が横浜国立大学へ訪問。吉井先生、山田さん、朝比奈君と洪先生が実験室で各研究テーマの説明を行った。Thomas Schibli博士は光コムの専門家である。
2016年04月01日
2016年04月01日
2016年度の新4年生、佐川博之君、朝比奈優君、稲村拓也君、野邑寿仁亜君、ようこそ洪・吉井研究室へ!
2016年03月29日
産業技術総合研究所の赤松大輔博士が横浜国立大学へ訪問。赤松さんは産総研で光格子時計の研究開発に従事しており、異種原子光格子時計の周波数比をはじめて測定した。
2016年03月24日
2015年度卒業生、菅田君、久井君、山田さん、おめでとうございます!学位授与式、卒業記念パーティ及び二次会の写真をアップした。
2016年03月22日
東北学院大学で行われた日本物理学会第71回年次大会に参加して、研究発表(21pBJ-13, 22aBK-5, 22aBK-6, 22aBK-12, 22pBK-8, 22pBK-9, 22pBK-10, 22pBK-11)を行った。
2016年03月02日
第11回ナノテク交流シンポジウムで、M1の山本君、B4の菅田君、久井君、山田さんがポスター発表を行った。
2016年02月24日
産業技術総合研究所の小林拓実博士が横浜国立大学へ訪問。小林さんは産学連携研究員として2014年度に横国本研究室に在籍し、研究室の立ち上げに貢献した。
2016年02月17日
産業技術総合研究所の保坂一元博士が横浜国立大学へ訪問。保坂さんは産総研時間標準研究グループのグループリーダーである。
2016年02月02日
産業技術総合研究所の山田耕一博士が横浜国立大学へ訪問。山田さんは分子分光学、分子構造論の専門家である。2011年に山田さんと洪先生がシンポジウム「光コムによる分光学の革命」を主催した。
2016年02月01日
2016年01月22日
ドイツPTBのFritz Riehle博士が横浜国立大学へ訪問。山田さん、久井君、吉井先生と洪先生が実験室にて各研究テーマの説明を行った。Fritz Riehle博士は、光周波数標準の専門家で、「Frequency Standards: Basics and Applications」の著者である。
2015年12月31日
2015年12月16日
プレゼンテーション実習授業の一環で産総研(つくば)を訪ねました。写真をアルバムページにアップしました。
2015年12月10日
2015年12月04日
洪先生が第23回関東量子情報Student Chapter研究会にて講演を行いました。また、研究室の皆さんは実験室の見学を対応しました。
2015年11月22日
4年生の久井裕介君、菅田徹也君、山田優子さん
M1の山本宏樹君
助教の吉井一倫先生
皆さん、春の物理学会に申し込みました!
2015年11月17日
2015年11月02日
過去のニュース


日本経済新聞 インタビュー記事
137億年で 誤差1秒以内

バナースペース


横浜国立大学

理工学部

物理工学EP

洪研究室 横浜国立大学

〒240-8501
横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5
横浜国立大学
大学院工学研究院 物理工学



世紀のイノベーション,光コム技術
[応用物理 Vol. 84, No. 1, p. 30 (2015)]


「時間」についての
基礎解説と最新動向

[計測と制御 Vol. 53, No. 5, p. 438 (2014)]


原子時計の発展と秒の再定義
[日本物理学会 Vol. 69, No. 4, p. 196 (2014)]